イタリアンレザー名刺入れを厳選

ご訪問有難うございます。

イタリアンレザー名刺入れの販売情報をまとめています。

本場という事で様々な種類のレザーありますが、当サイトでは、昔ながらの伝統的な製法で作られるイタリアンレザーで厳選しています。

俗にベジタブルタンニンレザー、またはバケッタレザーとも呼ばれていますが、化学薬品を使用せず植物のエキスのみで製造されるレザーで、味のある表情が特徴です。

経年変化(エイジング)に非常に評価が高く人気となっています。

 

イタリア協会が推薦!

イタリアには、レザーの伝統的な製法を守る協会があり、厳格なルールの元で現在、21社のタンナーがその認定を受けています。

伝統製法で作られるイタリアンレザーを選ぶのであれば、この21社の中で製造されてるレザーで選ぶのが、最も最適な方法になります。

今回は、協会が認定するレザーで特に人気のあるイタリアンレザーの名刺入れをまとめてみました。

各レザーの特徴と合わせながらチェックしてみてください。

◆ミネルバ・リスシオ

ミネルバ・リスシオは、バダラッシ・カルロ社が作るレザーです。

バケッタ製法と呼ばれる1000年の歴史ある超伝統的な製法で作られるレザーで、浸透しにくい固形の牛脚脂がたっぷり使われています。

スムーズなレザーでバダラッシ・カルロ社の他の種類のレザーの大元になっているレザーです。

⇒ミネルバ・リスシオの名刺入れ一覧へ

◆ミネルバ・ボックス

ミネルバ・ボックスは、バダラッシ・カルロ社が作るレザーです。

先に紹介したミネルバ・リスシオに凹凸のシボ模様を付けたレザーです。

シュリンクレザーのような薬品を使ったシボではなく、薬品を一切使用しないで模様付けを行っていますので自然な仕上がりとなっています。

シボ模様は、高級感の演出や傷が目立たないと言う特徴もあり、ミネルバ・ボックスはバダラッシ・カルロ社の中でも特に人気あるレザーです。

⇒ミネルバ・ボックスの名刺入れ一覧へ

◆プエブロ

プエブロは、バダラッシ・カルロ社が作るレザーです。

ミネルバ・リスシオにインディアンカルチャーを彷彿した引っ掻き傷の模様を施したレザーです。

⇒プエブロの名刺入れ一覧へ

◆マットーネ

マットーネは、バダラッシ・カルロ社が作るレザーです。

こちらは、生後6か月未満の牛で製造されるカーフレザーになります。

カーフは、牛革の中では、特に希少で高級な扱いとなっていますが、そのカーフをイタリア1000年の伝統を誇るバケッタ製法で製造したのがマットーネです。

スムーズレザーで繊維が細かく、美しさが特徴のレザーです。

⇒マットーネの名刺入れ一覧へ

◆ブッテーロ

ブッテーロは、ワルピエ社が作るレザーです。

牛のショルダーのみで作られ重厚感と天然染料による発色が美しいレザーです。

ヌメ革の王様と称されることもある人気のレザーになります。

⇒ブッテーロの名刺入れ一覧へ

2018/4/25  サイトをオープンしました。